一部の国は原子力エネルギーを禁止している。しかし、原子力エネルギーを開発する国の数は増えている。ロシア国家原子力エネルギー集団会社のアレクセイリチャハフ総経理はサンクトペテルブルク経済フォーラムでこの発言をした。

アレクセイリチャハフ様の話によると、ロシア国家原子力集団会社が締結したブランケット契約は原子力発電所のライン全体を形成することができる。これにより、原子炉(原子力島又は原子炉島)の「心臓」、機器ホールおよびその他の使い捨てではない構成部分、即ち生産チェーンモードの構成部分を構築することができる。これまでに、ロシア国家原子力集団会社は33の発電所契約を締結した。
リチャハフ様は日本との協力について話をした、日本は2011年福島原子力発電所事故の後に原子力産業を再開した。».

アレクセイリチャハフ様は、「各原子炉は完全に停止して再起動し、日本規格の厳しさおよび正確性によってその安全性をさらに分析する必要がある」と発言した。

リチャハフ様の話によると、ロシア国家原子力集団会社は、ウラン製品を日本に供給するために約10億米ドルの契約を締結している。日本人は極東におけるソ連の核遺産の問題を解決するのと同じように、ロシア人も福島で働いている。

ロシア国家原子力集団会社の責任者は、国際市場への原子力プロジェクトの輸出を妨げる可能性のある制裁は、競争制限の目的で規則に違反していると指摘した。彼は、核燃料の供給の代替案は経済的魅力をもたらすだけでなく、間違った決定が行われないことを保証することができると言った。