ロシア国家原子力集団会社の統一業界調達システム

ロシアと外国の原子力発電ユニットは、建設を機械製造企業、建設企業、設備サプライヤーに大量の設備とサービス注文を提供した。毎年ロシア国の原子力集団会社の各企業は、数千億ルーブル価値の製品を調達する

原子力発電施設の品質と信頼性は大程度にサプライヤーにかかっている、そのために、ロシア国の原子力集団会社はオープン、合理と透明の調達システムを設立した。統一調達ルールを制定するために、オートメーション化調達は電子取引に移行し、教育体制の確立に大量の仕事をした。このシステムの基礎は6つの原則:法律を守る、企業組織の基本原則を遵守、高製品の品質要求、最適化のコスト効果、経営の透明、腐敗防止メカニズムを運用する

ロシア国の原子力集団会社の調達システムは、国際購買原則と規範によって確立した、その基礎はロシア連邦規制法律法規が規定した公開競争性調達プログラムを利用していた