ロスアトムのグローバル リーチ



ロスアトムは現在、世界最大の海外原子力発電所建設のプロジェクト・ポートフォリオを持ち、技術分野において世界リーダーの一社であります
原子力発電所の設計・建設



複雑な施設用の革新したMulti-Dプロジェクト管理システムは予算、納期、品質といった点を効率的に管理させます
ウラン濃縮



ロスアトムはウラン濃縮事業においての国際リーダであり、世界市場の35%を持ちます
核燃料



ロスアトムは、核燃料生産のリーダー3社の1社であります。ロスアトムの「TVEL」燃料会社は世界核燃料市場に提供するシェアは16%であります
バックエンド・サイクル



ロスアトムは、核燃料サイクルの全ての段階において知識・能力を所有する全世界に唯一な会社であります。ロスアトムが、バックエンド・サイクルにおいては、放射廃棄物、使用済み核燃料の処理及び原子力施設の運用停止処分を行います
研究と新技術



ロスアトムは国際技術リーダーであります。ノヴォヴォロネジシィカヤ原子力発電所において稼働している世界最初の第3+世代の原子炉は国際原子力機関の最新安全規定に適合します
非原子力製品



ロスアトムは原子力・エネルギー以外の事業方向を開発しています。それらが水力・風力発電、農業、医学、水の淡水化等の分野においての放射線技術の利用を含みます。ロスアトム戦略によりまして、2030年までに、会社の収益の30%は新事業の収益になります
高速炉



ロスアトムは、閉核燃料サイクルへの推移の全世界リーダーであります。この推移の最重要な段階は世界最能力のナトリウム冷却高速炉であるBN800です。この技術を利用して、廃棄物がほとんど作らない原子力発電に推移でき、核燃料を再使用できるようになります
放射線医学



放射線医学センター設立作業が進んでいます。ロスアトムは病気診療・治療等に利用されている同位体製品200類以上を輸出します