世界市場での展開とロシアの核技術推進はRosatomの開発における戦略目標です。この目的を目指し、RosatomはRusatom International Network社を設立しました。この会社は地域ネットワークと世界中のRosatomオフィスの調整を担当しています。同社の主な任務にはRosatomの外国市場での部門活動支援、新規事業機会の探索、世界市場におけるロシアの核技術製品とサービスの振興、効率的提携関係の構築における支援、Rosatomグループ各社のマーケティングとPRサポート、Rosatomと部門からの指図に従った国際事業分野でのその他の機能が含まれます。地域センターは次の各地に設立されました。パリ(担当地域:フランスをはじめ西欧)、プラハ(チェコ共和国。担当地域:中央)、キエフ(ウクライナ。担当地域:東欧、アルメニアイスラエル)、シンガポール(シンガポール。担当地域:東南アジア)、ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国。担当地域:中央・南部アフリカ)、アスタナ(カザフタン。担当地域:中央アジア)、リオデジャネイロ(ブラジル、担当地域:中南米)、北京(中国。担当地域:東アジア)、ドバイ(UAE。担当地域:中東、北アフリカ)、ムンバイ(インド。担当地域:南アジア)、ワシントン(米国。担当地域:北米)、ブダペス(ハンガリー)にも現地オフィスがあります。